猫背の私には高反発マットレスが丁度良かったです

低反発マットレスといえば一大ブームを巻き起こしたこともあり日本ではよく知られるようになりました。
しかし一方まだまだマイナーなのが高反発マットレスです。
低反発がまるで体全体を包み込むようにしっかり沈むマットレスであるのに対し、高反発は途中で沈むのが止まってしまうほど反発力が高いマットレスです。

実家に居た時は敷き布団、1人暮らしを始めてからは念願だったベッドで眠る生活になりました。
そこでベッドのマットレスに、巷で話題だった低反発マットレスを使うようになったのです。
でもこの低反発マットレスで眠ると、起きた時に腰や背中が痛いと思う事が増えました。
まさかマットレスが原因で不調を起こしているなんて考えもしなくて、仕事で長時間同じ姿勢だからかなと感じていました。

マッサージなども行きましたが、一時的によくなるだけで朝起きたら体が痛むという感じでした。
しばらくはそのマットレスで寝ていたのですが、もうさすがに限界。
朝体を起こすたびに体が痛むのです。全然体が休まらず、疲れも残ってしまっているし何か対策はないかとインターネットで調べました。

そこで初めて、猫背で姿勢の悪い私には低反発マットレスは合わないと知ったのです。
個人差があるようですが、低反発だと体の一番重い部分の頭とお尻が沈んでしまい就寝時の姿勢がよくないそうです。
そうなる事によって体に負担がかかり、疲れが取れなかったり、肩こり、腰痛などの原因になってしまうそうです。
そこで高評価の高反発マットレスに買い替えてみたのですが、これが驚く程寝心地が違いました。

まず最初に寝転んだ印象は、硬くて痛そうです。
低反発マットレスが柔らかだったので余計にそう感じました。
しかし一晩眠ってみると、翌朝起きた時に腰や背中が軽い事に気づきました。
ちゃんと寝返りが出来た事から、体も疲れが取れたのでしょう。

それ以来高反発マットレスで眠っていますが、そうすると猫背も段々と良くなりました。
仰向けで眠っていても背中やお尻が痛くならずにぐっすり眠れます。
健康的に過ごせる、そして背筋の矯正も出来るのが高反発マットレスの利点だと思いました。

高反発と聞くといかにも寝心地が悪そうな感じがしますが、実はその反発力が寝ている間の姿勢を正しい状態でキープしてくれ、肩こりや腰痛の改善に力を貸してくれるのです。
私も最初、寝相が悪い私は寝返りも打ちにくそう、途中で起きてしまうのではないかと半信半疑でした。

そもそも睡眠時の正しい姿勢とはどんなものかというと、まっすぐ背筋を伸ばして直立している姿勢をそのまま横にしたものだといわれています。
つまり肩甲骨のあたりと臀部が少し下がり背中がそれより少し浮いている大きなS字のような状態こそが、体に負担のかからない最も理想の寝姿なのです。
薄すぎたり柔らかすぎるマットレスではその姿勢が保てずに肩こりや腰痛を悪化させる原因となってしまうのですが、高反発のマットレスなら自然と体がS字を描いてくれるので一番楽な姿勢のまま朝まで眠ることができます。